早期がんと進行がんでは医療費に大きな差が出ます

がん保険の医療費は一般的には高額になります。 大きな理由として、がんの診療にはさまざまな検査や手術、化学療法や放射線治療などを組み合わせて行う必要があるからと言えます。 しかも治療期間が長く、1年以上かかることもめずらしくありません。 いったん治療が終了したとしても、数年間は定期的に検査を受け続けることになります。厚生労働省の調査によると、がんの入院費用は1日平均約3万3千円、通院費は約1万4千円、入院1回あたりの費用は約100万円となっています。(このうち自己負担は3割) これはあくまでも平均値であって、これよりはるかに高額な治療費が必要な場合もあれば安価になる場合もあります。 例えば、胃がんの場合だと早期なら内視鏡治療となり、入院期間は1週間程度、手術費そのものは7万5千円で、これに入院の基本料金、薬剤費、検査費等を追加しても総額は20万円前後であり、個室料金(差額ベッド代)や食費などを除いた自己負担額は実質的に7万円ほどとなります。 これに対して、がんがある程度進行した場合、胃を摘出することになります。 手術費は約60万円ですが、平均1ヶ月以上の入院が必要になるので、入院費は100万~200万円かかります。自己負担額も差額ベッド代や食費を除いて40万~70万円になります。 つまり同じ胃がんといっても早期がんと進行がんでは、入院費に5~10万円もの違いが生じてきます。



ダイエットに役立つ7 KETO

アミノ酸の総称「BCAA」

body mintで体の臭いのお悩みを解決しませんか?

DHA(ドコサヘキサエン酸)

血液をサラサラに変えてくれるEDTA




Copyright © t741.com 2011